個人のお宅に天井画

天井画がある”ふつう”の家

 こちらの天井画は、同じ町内の個人の新築のお宅にある
天井画です。
 「天井画がある家」というだけで、
もう”ふつうの家”ではないですね。
若い方です。
 昔は教会やお寺にしかなかった天井画が、
次第に一般のお店や学校などにも入ってきました。
今はふつうのおうちにも天井画があるところが出て来ました。


天井画 手描き30万円~ プリント10万円~  
※こちらの天井画は手描きで¥1,500,000-(税/照明/額縁別)
プリントの場合は¥550,000-(税・工事費別/照明/額縁込み)
昔は「襖絵」と言ったら
大名や神社仏閣にしかなかったものです。
それが今はどんな襖にも絵がプリントされています。
 時代が進歩した、と言っても、
天井画はまだそこまで行っていません。
天井画・壁画 Panのそら の「使命」は、
この天井画を全世界に広めることだと思っています。
 それを通して現代人が忘れがちになっている
「天国と地獄」という「物質を超えた世界」の存在を、
日常の、家庭の中でも思い起こさせることに
繋がっていくのかも知れません。

ちなみに、左上の方にいる女性は、
日本人の信仰の中心にいる天照大神です。
その右にいる方は・・・・。
天井画がある部屋は、聖なる空間になっていて、
瞑想や願いを届ける場所になっています。

こちらのサンドブラストは、 
ガラス ¥84,000- 
アクリル ¥54,000- 
(額縁付き / 施工費と税は別)
天井画の下には、ステンドグラス風の窓ガラスがあり、
外からの光を神秘的に室内に招き入れています。

こちらのセットは¥380,000- (柱・施工費と税別)
2019/7/12